有機野菜など安心食材の定期宅配






2013年04月29日

シリコンスチーマー

最近は、ルクエをはじめとしたシリコンスチーマーが人気のようですね。
今や、オーブンはなくても電子レンジなら各家庭にありますもんね。
シリコンスチーマーを使ったレシピ本も数多く出版されているようです(`・∀・´)ノ



シリコンスチーマー
シリコンスチーマー




posted by kensei at 01:16| Comment(0) | 男の料理 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

長島美術館

先日は両親に呼び出され、長島美術館にあるレストランカメリアでランチして来ました。
お昼から、洋食のフルコースでカメリアコースです。


P1010497 (300x225).jpg
P1010498 (300x225).jpg
P1010500 (300x225).jpgP1010504 (300x225).jpg

オードブルが、鮮魚のマリネ-パプリカソース、小海老のカクテル、生ハムのタプナード包み。
魚料理が鮮魚のポワレ サフランとバルサミコ酢の2色ソース。
肉料理は牛フィレ肉のステーキ エストラゴン風味でした。
味はまずまずですが、盛り付けが綺麗ですし、値段が安い。
デザートとコーヒーまでついて2,300円なりΣ(°Д°;;

それに、桜島が正面に見える眺望が素晴らしいですね。

P1010512 (300x225).jpg



posted by kensei at 17:36| Comment(2) | 男の料理 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

美味しいお好み焼きの作り方 コツ

先日は、また義妹と義母がウチに集まって夕食を一緒にしました。
今回は、準備も簡単、みんなで焼きながら食べられる『お好み焼き』です。

美味しいお好み焼きの作り方のコツ
 ・キャベツは2〜3日冷蔵庫にあった物の方が、水分が程良く飛んでべたっとなりません。
  新鮮なキャベツなら、粗みじんに切ってから、ラップをせずに常温で放置。

P1010490 (300x225).jpg


 ・私は水を使いません。お好み焼き粉にうどん出しと牛乳を混ぜます。
  割合は適当ですが、粉 1 うどん出し 1 牛乳 1/4くらい。
  小麦粉の場合は、山芋は必須!
  混ぜ合わせたら、軽くラップして冷蔵庫に半日くらい置き、寝かせます。

P1010493 (300x225).jpg


 ・具に決まりはありませんが、入れた方が美味しいのは、干しエビ、切りイカ、天かす、豚肉など。
  切りイカは、お好み焼きコーナーにある乾物です。長いので少しざく切りにします。
  キャベツと具は、必ず焼く直前に空気を入れるように混ぜ合わせます。

今日も美味しく出来ました(*>∀<)o(酒)
テカ、食べる前の写真を撮り忘れました(;´Д`)


posted by kensei at 09:49| Comment(0) | 男の料理 レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

鮎の塩焼き

子供がインフルエンザにかかってしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。
ちょっと前にマスの塩焼きが食べたいと言っていたので、ストアーに行きましたが、
マスはなかったけど、鮎があったので塩焼きにしました。

ぬめりを包丁でこそげて、水洗いし、振り塩と化粧塩をしてオーブンで焼きます。
魚焼きグリルでもいいのですが、こういう1尾まるごとの魚はオーブンで焼いた方が
外はパリッと、中はふっくら焼けます。黒焦げになる失敗もありません。


P1010445 (300x225).jpg


ビタミンを摂らせたかったので、子供が喜んで食べる甘いトマトを買って来ました。
でも、最近はトマトも高いですねΣ(°д°lll) 398円でした。
今度、花水木(伊集院の温泉)に行った時、買ってこよう。


P1010452 (300x225).jpg



posted by kensei at 10:17| Comment(0) | 本日の男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

新玉ねぎ 疲労回復

田舎から親父のところに新玉ねぎが送られてきて、少しもらいました。


P1010437 (300x225).jpg


生食すれば、硫化アリルを摂る事ができて、新陳代謝をよくしたり、疲れを取ったり、
血液をサラサラにする作用もあり、生活習慣病予防にも役立ちます。

新玉ねぎのドレッシング
 ・新玉ねぎをみじん切りして、練りからし 小さじ1、砂糖 小さじ2、酢 60cc、しょう油 120cc
  ごま油 小さじ1、オリーブオイル 大さじ1、こしょう少々、
  あれば白ワイン 大さじ1とレモン汁少々を混ぜます。

でも、実は私は玉ねぎが苦手(´;ω;`)
頑張って食べよう。


P1010438 (300x225).jpg







posted by kensei at 10:38| Comment(1) | 男の料理 レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
男の料理」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。